スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

4月28日(火)

本日の取引 +8320円

今日一日を振り返って個人的には非常に反省しなければならない一日となった。
これまで、相場で勝ち続けるには「熱くならないこと」、「常に平常心でいること」
を肝に銘じて、取り組んでいたのだが、今日は熱くなってしまった。

これは二度としてはいけないミスであったと猛省した一日であった。

全体としては、このタイミングでの休日前ということもあり、下げる一日となるだろうと予測したのだが、想像以上の下げた一日となった。

前場は軟調に推移してしたのだが、独自動車大手のダイムラーが残るクライスラー株の譲渡で合意とのニュースが入り、残るはクライスラー第一債権者との交渉を残すのみとなりフィアットとの提携合意の道が開けてきたとの観測から、日経平均は一時8808円まで上昇して、高値を保ったまま前場取引を終えた。
後場に入り、バンカメとシティグループに資本増強の必要性がある、と報じられると一転下げに転じて、引けまで下げ続け、これまで跳ね返し続けてきた8500円を割り、232円安の8493円で取引を終えた。

全体的に軟調に推移するなか、豚インフルを材料に大和紡績、しきぼう、富士紡HDなどマスクが売れているとのことから急激に出来高が上昇し、株価も過熱気味ではないかと思われるほど上昇した。
スポンサーサイト
別窓 | 本日の結果 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
| 天晴 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。